アイクリームおすすめランキング|しわ・たるみ・クマ改善!

アイクリームおすすめランキング【最新版】しわ・たるみ・クマ改善

アイクリームおすすめランキング|しわ・たるみ・クマ改善!

 

 

 

 

「アイクリームを塗ってもあまり効果を感じられない」
「アイクリームって意味ある?」

 

 

 

それ、自分に合ってないアイクリームを使っているからかもしれません。

 

 

目元は皮膚が薄いうえに皮脂腺がほとんどないので、しわ、たるみ、クマ、むくみ、くすみなどなど、悩みもたくさん出てきますよね(*_*)

 

 

でも、自分の悩みにあった成分が配合されたアイクリームを塗ることで、”なんとなく”で選んだアイクリームを塗るよりもグッと悩みに効かせることができます。

 

 

ここでは、お悩み別にアイクリームの成分とおすすめのアイクリームについてご紹介いたしますね!

 

 

マイベストアイクリームを見つけて、老けない目元を手に入れましょう^^

 

 

 

 

しわに効くアイクリーム成分は?

 

乾燥ジワの場合

 

乾燥ジワに効くアイクリームの成分は、ズバリ「保湿成分」です。

 

乾燥ジワは、肌が乾燥して一時的にできたシワなので、肌にうるおいをキープしてくれる保湿成分でケアすると薄くなります。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどが代表的な保湿成分になりますので、これらが配合されたアイクリームでケアしていきましょう。

 

 

 

加齢ジワの場合
加齢ジワは、乾燥ではなく、加齢によって肌のコラーゲンが減ったことでできるシワです。

 

25歳くらいから肌のコラーゲンは減ってくるので、肌にハリ感がなくなってきますよね。

 

これに対抗するには、「肌のコラーゲン生成を促す成分」が効果的!

 

加齢で衰えたコラーゲン生成力をサポートして、目元にハリを出してくれます。

 

即効性はありませんが、長い目でみて肌のコラーゲンアップにつながるので、加齢による深いシワをしっかりケアできます☆

 

 

 

 

目の下のクマに効くアイクリーム成分は?

 

青クマの場合
目の下のクマには3タイプありますが、寝不足や血行不良になるとできるのが青クマです。

 

青クマに効かせるには、ビタミンEなどの血流アップ成分が配合されたアイクリームが良いでしょう。

 

ビタミンEは血行を良くするほか、肌のターンオーバーを促してくれるので寝不足のときもクリアな目元になるようサポートしてくれます。

 

 

 

 

黒クマの場合
黒クマは、年とともに目の下がたるんで黒い影のように見えているクマです。若いころは気にならなかったのに、年とともにクマが目立つようになった。という場合は黒クマの可能性が高いです。

 

黒クマに効くのは、「肌のコラーゲン生成を促す成分」です。代表的なのがレチノール、ビタミンC誘導体、成長因子などの成分ですね。

 

これらの成分は、年とともに衰える肌のコラーゲン生成力をサポートしてくれます。

 

 

 

 

茶クマの場合
茶クマは、目の下に色素沈着してできるクマです。シミと同じように色素がついてしまったことが原因なので、美白成分が効きます。

 

アルブチンやプラセンタエキス、ビタミンC、トラネキサム酸などの美白成分が配合されたアイクリームでケアしましょう。

 

 

 

 

 

むくみに効くアイクリーム成分は?

 

まぶたのむくみが気になる方は、ビタミンEが入ったアイクリームがオススメです。

 

ビタミンEには血流をアップさせる効果があるので、まぶたの血流が良くなります。

 

むくみ改善のために、目の周りを軽くマッサージしながら塗っていきましょう。

 

 

 

 

 

くすみに効くアイクリーム成分は?

 

目元のくすみが気になる方は、「保湿成分」が配合されたアイクリームがオススメです。

 

乾燥すると皮膚がくすむので、ぱっと見の印象が老けた感じになっちゃいますよね。

 

目元にはもともと皮脂腺がなく、Tゾーンのように自力でうるおうことが出来ません。

 

保湿成分がたっぷり配合されたアイクリームで目元のうるおいをキープできれば、夕方でもくすみ知らずの目元でいられます♪

 

 

 

 

 

 

アイクリームおすすめランキング

 

メモリッチ

 

メモリッチは、美肌成分がギュギュっと詰まった贅沢なアイクリームです。

 

セラミド(保湿成分)やヒアルロン酸などの保湿成分がなんと17種類も配合されているほか、

 

肌のハリを出すビタミンC誘導体、

 

キメを整えるビタミンE誘導体といった美肌成分が濃縮されています。

 

これ1本でしわ、たるみ、クマ、くすみなどのあらゆる目元の悩みをケアできる万能なアイクリームです。

 

 

 

 

ポーラ B.A ザアイクリーム

 

ポーラのB.Aザアイクリームは、アイクリームの最高峰ともいえる逸品です。

 

皮膚が薄いうえにまばたきが多く、負担が大きい目元の皮膚にピターっと密着してくれます。

 

しわ、たるみが気になる方や、「コスパよりも効果がほしい!」という方にオススメです。

 

 

 

 

アヤナス アイクリーム コンセントレート

 

アヤナスのアイクリームは、肌のコラーゲン生成をアップさせるオリジナル成分が配合されています。肌のハリが最大で170%アップするという実力派。

 

「最強の保湿物質」といわれるセラミドをちっちゃくナノ化して肌に浸透しやすいように改良してあります。

 

シワ、たるみ、黒クマが気になる方や肌が弱い方にオススメです。

 

 

 

 

ビーグレン アイリペアセラム

 

ビーグレンのアイリペアセラムは、極小サイズのカプセルの中に美肌成分をギュギュっと詰め込んであります。

 

針の先に50個おさまるほどの、ちっちゃいカプセルの中に成分を詰めることで、肌の中に長くとどまっていられるように改良されているんですね。

 

なので長くうるおいが続き、ぷるぷるの目元をキープすることができます^^

 

ビーグレンのリピート率は、なんと98%超え(!)という驚きの数字なのも納得です。

 

 

 

 

アイキララ

 

アイキララは、「目元の皮膚痩せ」をケアするアイクリームです。

 

年とともにまぶたが痩せてくると、シワやたるみ、たるみによる黒クマができてしまいます。

 

アイキララにはMGA(ビタミンC誘導体の一種)という成分が配合されており、加齢で弱ったコラーゲンをサポートしてくれます。

 

しわ、たるみ、黒クマが気になる方や「まぶたが痩せてきた気がする」という方にオススメです。

 

 

 

 

 

アイクリームの効果を高める使い方

 

効果アップ1 お風呂上がりに塗る

 

アイクリームの効果をアップさせるには、お風呂上がりのタイミングで塗るのがオススメです。

 

お風呂上がりは肌(角質)がやわらかくなっているので、成分が浸透しやすくなっています。このゴールデンタイムを逃すのはもったいない!

 

お風呂上がりはすぐにスキンケアをはじめて、アイクリームの成分をしっかりしみこませましょう^^

 

 

 

 

効果アップ2 温かい手で塗る

 

アイクリームを塗るときは、温かい手で塗っていきましょう。

 

アイクリームに限らず、冷えた手で塗ると成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

そういう意味でもお風呂上がりに塗ったほうが良いですね。

 

朝に手が冷えているときは、両手をあたためてから塗るようにしましょう。せっかく塗るなら、しっかり浸透させたいですよね!

 

 

 

 

効果アップ3 指でプッシュ

 

アイクリームを塗ったら、指で軽く押さえましょう。化粧水の場合はハンドプレスしますが、アイクリームの場合は指でプレスしていきます。

 

(※ハンドプレスとは……化粧水などを塗ったあとに両手で顔をおさえて成分を浸透させること。)

 

アイクリームをただ塗って終わりでは、成分が皮膚にしっかり浸透しません。

 

目元は皮膚が薄くデリケートなので、力を入れすぎないように注意しつつ指でプレスしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ アイクリームでクリアな目元!

 

 

いかがでしたか?

 

アイクリームって効かない!と思っていた方も、成分にこだわって選ぶことで効果を実感できる確率が高まります。

 

自分の肌悩み、肌質にあったアイクリームをゲットして、手厚いケアをしていきましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ