20代にアイクリームは必要?アイクリーム選びのポイント

20代にアイクリームは必要?アイクリーム選びのポイント

20代にアイクリームは必要?アイクリーム選びのポイント

 

 

 

 

まだ20代だからアイクリームは要らない?

 

 

 

ここでは、20代アイクリーム選びのポイントとオススメのアイクリームについてご紹介しています。

 

 

 

5年後・10年後に「やっぱりアイクリーム使っとけば良かった…」とならないためにも、今からしっかりお手入れをしていきましょう。

 

 

 

 

 

20代のアイクリーム選び|3つのポイント

 

保湿成分がたっぷり入っている

 

保湿成分が入っているアイクリームがほとんどだと思いますが、ほんのちょっとしか入っていないという事もあります。

 

目元が乾燥するとくすんだ目元になり、20代でも老け顔に見えることもあります。

 

成分表示をみて、保湿成分が前のほうに記載されているアイクリームを選ぶようにしましょう。水と油に保湿成分をほんのちょっとだけ加えたアイクリームもありますが、オススメできません。

 

 

 

 

コラーゲン生成を促す成分が入っている(25歳以上)

 

25歳以上の人は、保湿成分だけでなく「肌のコラーゲン生成を促す成分」も配合されたアイクリームを使いましょう。

 

肌のコラーゲン生成力は25歳ころから落ちてくるので、これをサポートしてくれるアイクリームを使うことで、目元のハリをキープできます。

 

 

 

 

続けられる価格

 

まだ20代なら、30代、40代の人と比べてアイクリームにかけられるお金も限られてきますよね。

 

アイクリームはちょっとしか入ってない割に高いものも多いので、できるだけプチプラのものを選びたくなるのもわかります。

 

でも、すでにお伝えしたように、安すぎるアイクリームは水と油に有効成分がほんのちょびっとしか入っていない場合があり、安すぎるものは安いなりの理由があります。

 

“安物買いの銭失い”にならないためにも、価格の目安として、3000円以上のアイクリームを使うのが理想ですね。

 

あまり高すぎても続けられないので、↑1、2の条件を満たしていて続けられる価格のアイクリームを選んでいきましょう。

 

 

 

 

 

20代にオススメのアイクリーム

 

アイキララ

 

アイキララには、保湿成分+MGAという有効成分(ビタミンCの一種)が入っているので、乾燥を防ぎながらふっくらした綺麗なまぶたを作ってくれます。

 

「20代だけど目元にハリがなくなってきた」「まぶたをふっくらさせたい」という方にオススメです。

 

パッケージも注射器の形になっててかわいいですね♪

 

 

 

 

メモリッチ

 

メモリッチには、最強の保湿物質とよばれる「セラミド」、

 

肌のコラーゲン生成を促す「ビタミンC誘導体」、

 

そして血行をアップして肌のキメを整える「ビタミンE」などの

 

たくさんの美肌成分がぎゅぎゅっと詰まっています。

 

目元の小じわ、クマ、たるみもこれ1本でケアできるので、どのアイクリームが良いんだろう?と悩んでいる方にオススメです。

 

 

 

 

 

 

まとめ 20代もアイクリームで目元ケア

 

 

まだ20代でも、アイクリームが必要ない!ということはありません。

 

20代のうちからアイクリームでコツコツお手入れを続けることで、30代以降もクリアな目元をキープできます。

 

アイクリームでケアをはじめて、悩みしらずの目元をゲットしませんか^^

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ