目のクマに効くアイクリーム選び|なんとなくで選んでない?

目のクマに効くアイクリーム選び|なんとなくで選んでない?

目のクマに効くアイクリーム選び|なんとなくで選んでない?

 

 

 

 

 

目の下のクマはアイクリームで解消!

 

 

 

 

ここでは、目の下のクマに効くアイクリームについて 選び方のポイントとオススメのアイクリームをご紹介しています。

 

 

 

 

 

はじめに|クマには3タイプある

 

 

 

目の下のクマには3タイプがあり、それぞれ原因も対処法も異なります。

 

 

クマを解消するためには、自分のクマはどのタイプのクマか?を知り対策すると効果的です。

 

 

 

青クマ

 

寝不足の時にできるのがこの青クマです。寝不足のほかに目元の血行不良なども原因になります。もともと皮膚が薄い人は、目の下の血管が透けて見えて青クマができることもあります。

 

睡眠をとった後やお風呂上がりの後などにクマが薄くなるようなら青クマの可能性大です。

 

少し手間はかかりますが、クマの濃淡をこまめにチェックしてみてください。

 

 

 

 

黒クマ

 

黒クマは、加齢で目の下がたるむとできるクマです。

 

加齢で皮膚にハリがなくなり筋肉も衰えると目の下がたるんできますが、たるみによって目の下に影ができているように見えるのが黒クマの正体!!

 

「若いころはなかったのに、年とともにクマが目立ってきた」という方は黒クマの可能性大!です。

 

手鏡をもったまま真上を向き、クマが薄くなるようならそれは黒クマです。真上を向くと目の下のたるみがマシになるので、たるみが原因の黒クマなら薄くなります。

 

 

 

 

茶クマ

 

茶クマは、目の下に色素沈着してできるクマです。皮膚のたるみなどは関係なく、シミのように皮膚に色素がついてしまっているタイプのクマになります。

 

目をこするクセや誤ったスキンケアなどが原因でできます。

 

茶クマかどうか見分ける方法は、指で目の下の皮膚を外側にひっぱってみてください。

 

引っ張ったときにクマが薄くならないなら、茶クマということになります。皮膚そのものに色素がついているので、引っ張っても変わらないんですね。

 

 

 

 

 

目の下のクマに効くアイクリーム|選び方のポイント

 

美白成分が入っているか

 

茶クマが出来ている人は、美白成分が入っているアイクリームでケアすると効果的です。

 

シミをケアするのと同じように、目の下についてしまった色素には美白成分で対抗するのが正解です♪

 

ビタミンCやプラセンタエキス、アルブチンなどの美白成分が入ったアイクリームで目の下をクリアにしていきましょう♪

 

 

 

 

保湿成分が入っているか

 

目元は皮膚が薄いので、乾燥から守ってくれる保湿成分が入っているアイクリームを選びましょう。

 

乾燥すると目元がくすんで老け顔になってしまうので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が入っているものが理想です。

 

 

 

 

コラーゲン生成を促す成分が入っているか

 

黒クマが出来ている人は、「肌のコラーゲン生成を促す成分」が入ったアイクリームでケアすると効果的です。

 

年とともに肌のコラーゲンは減っていきますが、コラーゲンの生成を活発にする成分で目元をケアしていけば、目元のハリをキープできます。

 

コラーゲン生成を促すのは、レチノール、ビタミンC、成長因子、ナイアシンなどの成分です。

 

黒クマが出来ている人は、これらの成分が配合されたアイクリームを朝晩塗っていきましょう!

 

 

 

 

 

まとめ 目のクマはアイクリームで解消!

 

 

 

いかがでしたか?

 

一口に「目のクマ」といっても、それぞれタイプがあるんですね。

 

自分のクマのタイプをチェックして、それに合ったアイクリームでケアしていきましょう。

 

やみくもに試すより、クマがグッと改善しやすくなりますよ!

 

 

 

 

 

 

関連ページ

まぶたのむくみに効くアイクリームの成分は?
まぶたのむくみに効くアイクリームの成分は?
たるみに効くアイクリームはどれ?ベスト3を公開!
たるみに効くアイクリームの成分、おすすめのアイクリームをご紹介。

ホーム RSS購読 サイトマップ